ネットワールド(森田晶一社長)は、5月13日、米Anuta Networks(Anuta)と販売代理店契約を締結し、既存のネットワーク機器をそのまま使って、ソフトウェアでネットワークの構成や制御を柔軟に行うSoftware-Defined Networking(SDN)を実現するクラウド(IaaS)事業者向け管理ソフトウェア「Anuta nCloudX」の販売を開始する。

 「Anuta nCloudX」は、4つのエンジンとSDNコントローラで構成。デバイスのディスカバリを自動的に行い、トポロジーのマッピング、ネットワークサービスのデザインを経てネットワークサービスカタログを容易に作成することができる。テナントユーザーがネットワークサービスを選んで利用を開始した後、ネットワークサービスのキャパシティ管理など、安全な運用管理を支援する機能を備える。

 対応製品は、現在、シスコシステムズ、F5ネットワークス、シトリックス・システムズ(NetScaler)、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズなど。今後、ジュニパーネットワークスやパロアルトネットワークスの製品への対応も予定している。

 VMware分散仮想スイッチや仮想アプライアンス(Cisco VSG、Cisco ASA 1000V、Cisco CSR1000V、Cisco Nexus 1000V、Citrix NetScaler VPX、F5 BIG-IP、Riverbed Stingray ADC)もサポート。これ以外の製品については、顧客のニーズに応じて開発、もしくはSDK(ソフトウェア開発キット)を提供する予定だ。

 シスコシステムズやヴイエムウェアなどとのパートナーシップによって、すでに主要クラウド運用基盤(VMware vCloud Director、Citrix CloudPlatform、OpenStackなど)の配下で「Anuta nCloudX」が連携して動作する。今後は、Microsoft System Center、CA Automation Suite for Cloudsとの連携も予定されている。また、「Anuta nCloudX」は、Nicira(VMware)やOpenStack/Quantum、Big Switch NetworksなどのSDNコントローラに対する制御機能も搭載し、クラウドサービス事業者の将来のニーズに対応する。

 ネットワールドは、NI(ネットワークインテグレータ)やSIパートナーとともに、「Anuta nCloudX」をクラウド事業者だけでなく一般企業向けのマルチベンダーネットワークの革新的な管理ツールとして提案し、企業ネットワークの運用コストの大幅な削減を目指す。販売目標は3年間で20億円。