ネットワールド(森田晶一社長)は、ディスカウントストアのドン・キホーテ(安田隆夫社長)が、映像素材を共有するファイルサーバーとして、ネットワールドが提供するEMC製ハイスペック・エントリーストレージ「EMC VNXe3150」を導入し、3月に本番稼働を開始したと発表した。

 ドン・キホーテは、IR活動や店舗業務などで利用する映像素材をすべて自社内で制作しており、100GB以上の大容量データを制作担当者間で日常的にやり取りしている。従来は映像素材をクライアントPCのハードディスク(HDD)に保存・管理していたが、慢性的な容量不足、同一データの重複保存、信頼性・データ保護への不安があった。

 「EMC VNXe3150」による新しい環境では、これらの問題を解決しながら、データへのアクセスは従来よりレスポンスが速くなり、全体の業務効率が向上した。また、「EMC VNXe3150」は各種のウィザード機能が充実しているので、SI(システム構築)事業者に外注せずに自社内で構築・運用ができる。また、導入を支援したネットワールドが提供する充実したドキュメントや、迅速な対応も高く評価された。

 ドン・キホーテは、ファイルサーバーとしての活用にとどまらず、VMware仮想化基盤への適用やユニファイド機能の活用など、さまざまな用途を検討している。