東芝ソリューション(河井信三社長)は、5月28日、新しいストレージシステム「Toshiba Total Storage Platform」を発売した。

 多様化するストレージへのニーズに応えるために、東芝グループがもつNANDフラッシュ・HDDのデバイス技術や、ドライブ制御・RAIDなどのシステム技術、仮想化・バックアップなどのソリューション技術の総合力を結集したストレージシステム。

 高速なデータ読み書きのニーズに適した省スペース・省電力のフラッシュアレイストレージ「FL6000」、性能・容量のバランスにすぐれた高信頼のディスクアレイストレージ「SC3000」、大容量のニーズに適したニアラインストレージ「NL3000」、高速・大容量を両立するストレージ階層化コントローラ「TC3000」の4種類をリリースする。

 とくにストレージ階層化コントローラ「TC3000」は、フラッシュアレイストレージ「FL6000」、ディスクアレイストレージ「SC3000」、ニアラインストレージ「NL3000」をハイブリッド構成で組み合わせることで、装置をまたぐ自動階層化を実現。独自開発のストレージ階層化技術「ティアリングオプティマイザー」によって、フラッシュアレイストレージとニアラインストレージを階層化することで、従来のHDD約5000台分に相当する100万IOPSの高性能と、最大2.6PB(ペタバイト)の容量拡張性を実現している。フラッシュストレージの性能を最大限に引き出すことによって、性能と容量の最適バランスをチューニングレスで提供する。

 また、独自のボリューム管理技術「ハイブリッドマネージャー」によって、論理ボリュームのフラッシュメモリとHDDの混在比率を運用中でも動的に変更することができ、フラッシュメモリを最大限に活用できる。

 最小構成価格は、フラッシュアレイストレージ「FL6000」が2593万5000円から、ディスクアレイストレージ「SC3000」が638万9670円から、ニアラインストレージ「NL3000」が469万6650円から。ストレージ階層化コントローラー「TC3000」は、ハイブリッド構成例として「TC3000」2式(冗長構成)、「FL6000」(モデル6606)、「NL3000」(2U/12HDD)で5904万4230円。

 東芝ソリューションは、従来のシステムソリューション販売に加えて、販売パートナーを通じて販売を強化し、国内市場を中心に3年間で500億円の販売を目指す。