NECフィールディング(伊藤行雄社長)は、6月6日、リモートデスクトップソフトウェア「スマートデバイス向けリモートデスクトップ」の利用環境を構築するソリューションサービスの販売を開始した。

 新サービスは、スマートデバイス20台以下の中小規模事業者を対象に、外出先から社内業務システムに接続するリモートアクセス環境を低価格でセキュアに構築する「スマートデバイス向けリモートデスクトップシステム環境構築サービス」と、スマートデバイス20~100台程度を対象に、外出先や社内のシンクライアント環境へのリモートアクセス環境を構築する「デスクトップ仮想化ソリューションパック連携リモートアクセスソリューション」の2種類。

 新サービスは、リモートデスクトップ機能を提供するソフトウェアとして、AndroidOSを搭載したスマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスをオフィスの自席に置いたWindowsパソコンの環境に接続し、シンクライアント端末として利用する「スマートデバイス向けリモートデスクトップ」を採用。画面上の資料全体を把握しながら文字を入力できる透明キーボードなど、NECシステムテクノロジーのスマートデバイス用UIツールを利用し、スマートデバイス特有のタッチ操作に加え、指では操作が難しいExcelやPowerPoint、WordなどのOfficeアプリケーションや各種業務ソフトでパソコンと同等の操作性を実現する。

 スマートデバイス端末には、社内業務システムのデータは転送されず、パソコンの画面イメージだけが転送されるので、外出先での紛失や盗難の際も情報漏えいが起きない。また、独自キーボードを使用し、万が一キーロガー系マルウェアに感染しても効力を発揮させないなどのセキュリティを確保しながら、安全に社内業務システムに接続する。さらに、リモートアクセス環境を企画、設計・構築、導入、運用・保守サポートまでトータルで提供するので、導入後のトラブルにも対応できる。

 税別価格は、「スマートデバイス向けリモートデスクトップシステム環境構築サービス」がスマートデバイス5台の構成で49万6000円、「デスクトップ仮想化ソリューションパック連携リモートアクセスソリューション」がスマートデバイス20台、VirtualPCCenter(VPCC)シンクライアント20ユーザーの構成(VPCCライセンス含む)で595万6000円。NECフィールディングは、今後3年間で3億円の売り上げを目指す。