NECフィールディング(伊藤行雄社長)は、4月4日、クラウド版グループウェアのMicrosoft Office 365を短期間で導入するサービス「Office 365ソリューション」のラインアップを拡充し、新たに「Office 365オープンライセンス版登録代行サービス」の提供を開始した。

 「Office 365オープンライセンス版登録代行サービス」は、Office 365 ProPlusを利用する目的でMicrosoft Office 365 Midsize Businessのオープンライセンス版を初めて導入する顧客に対して、利用開始に必要な初期設定作業を顧客や販売店に代わって実施し、円滑な利用の開始をサポートするサービス。クラウド版のOfficeでは、プロダクトキーの取得後、有効化、管理者アカウントの設定、ユーザーの作成と使用権の付与などの初期設定作業が必要となるが、これらの設定作業をNECフィールディングが代行することで顧客の負担を軽減する。

 また、Offce 365 ProPlusの利用を開始するにあたって、インストール作業など、必要となる操作方法を画面イメージつきでわかりやすくまとめた利用者向けの初期設定手順書を提供する。初めての利用でも、手順書通り操作を行うことでスムーズに利用を開始することができる。

 税別価格は5万円。NECフィールディングは、今後3年間でOffice 365オープンライセンス版関連で1億5000万円の売り上げを目指す。