ニュース

日商エレ、TISのデスクトップ仮想化基盤に「Nutanix」が採用

2013/06/11 18:34

 日商エレクトロニクス(日商エレ、河村八弘社長)は、6月11日、TIS(桑野徹会長兼社長)のデスクトップ仮想化基盤として「Nutanix Virtual Computing Platform(Nutanix)」と「Citrix XenDesktop(XenDesktop)」が採用されたと発表した。

 「Nutanix」は、2Uアプライアンスの中にサーバーとストレージを融合した仮想化基盤アプライアンス製品。TISは、導入によって外部共有ストレージを排除し、初期導入コストを約40%削減した。短期間・少人数での構築、省スペース、省電力、シンプルなオペレーションによって、運用管理コストも削減している。

 PCIe SSDが提供する高いI/O性能によって、従業員にストレスを感じさせないデスクトップ環境を提供。さらに、ネットワークを利用した分散ファイルシステムを採用することで、簡単にデスクトップ仮想化基盤のリソースをスケールアウトできるようになった。
  • 1

関連記事

日商エレが社長交代、技術畑の河村八弘氏が代表取締役兼社長CEOに就任

日商エレクトロニクス BYODソリューションに力を入れる IT Weekで最新のCitrix製品などを紹介

日商エレ、法人向けICT分野でファーウェイ・ジャパンと提携、共同で企画・開発

日商エレのIaaS向けICT基盤構築ソリューション、AGSのクラウド基盤が採用

外部リンク

日商エレクトロニクス=http://www.nissho-ele.co.jp/

TIS=http://www.tis.co.jp/

「Nutanix」=http://www.nutanix.com/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>