アクロニス・ジャパン(アクロニス、村上督代表取締役)は、Citrixが展開する「Citrix Ready Worx」のパートナープログラムに正式に参画したと発表した。

 これによって、アクロニスの法人向けモバイル・ファイル・マネジメントソフトウェア(MFM)である「mobilEcho」はCitrixのMDXテクノロジーに対応し、Citrix Worx App Galleryで利用できるようになる。アクロニスは、Citrixの25万人の法人顧客、1万社のリセラー企業に対して、モバイル上の大切なデータへのアクセス、それらのデータの活用、保護を可能にするMFMソリューションを提供する。

 アクロニスは、Citrix Worx SDKを活用することで、MDXテクノロジーを「mobilEcho」のアプリケーションに対応。Citrixの法人顧客に対して、Android、iOSベースどちらのモバイルデバイスでもすぐに使用できるセキュアなMFMソリューションを提供している。ユーザーは、CitrixのMDXテクノロジーを通して、「mobilEcho」へ直接セキュアにアクセスするとともに、企業におけるデータのセキュリティとアクセス権管理を担保することができる。

 IT管理者は増え続けるモバイルデバイスのアプリケーションを管理することができ、一方、エンドユーザーは、生産性の改善やデータへのアクセスがオンデマンドでできるようになる。