アクロニス・ジャパン(村上督代表取締役)は、6月24日、米国塗料メーカーのラスト・オーリアムが、iPhone/iPad を活用して業務の効率化を図るため、アクロニスのMDMソリューション「mobilEcho」を導入したと発表した。

 ラスト・オーリアムは、小規模プロジェクト向けの塗料メーカー。一般・産業向けに、下塗剤、特殊コーティング、木材保護剤を世界中で販売している。同社はiPhone/iPadを導入し、社員の機動性改善に取り組んだ結果、業務の効率化やストレスなく社外のどこからでも業務ができるようになった。その一方で、セキュリティと管理に関する課題が浮き彫りになったという。

 こうした課題を解決するために、アクロニスの「mobilEcho」を導入。その結果、社員はモバイル機器から必要なコンテンツの取得やサーバーにあるファイルへのセキュアなアクセスが可能になった。この業務プロセスの合理化により、社外で業務を行う社員は、重いノートパソコンを持ち運ぶことなく、安全、安心、スピーディな文書の確認や編集、関係者や意思決定者への共有・閲覧などがスムーズにできるようになった。

 ラスト・オーリアムは、ファイルだけではなく、MobileIron社のモバイルデバイスの管理フレームも同時に導入することで、iPadにインストールされるアプリケーションの管理と監査、安全なID/パスワード/セキュリティを実現した。