日立システムズ(高橋直也社長)は、顧客のシステムやクラウド環境の監視機能を強化し、既存のネットワーク監視センター(Network Operation Center)、セキュリティ監視センター(Security Operation Center)に、プラットフォーム監視センター(Platform Operation Center)を追加した。プラットフォーム基盤の仮想化技術に対応した監視、診断・分析、セキュリティ、運用支援サービスを統合し、ワンストップ・24時間365日体制で提供する「仮想化統合監視・運用サービス」を開始する。

 日立システムズは、「仮想化統合監視・運用サービス」の一環として、ユーザー企業の既存のネットワークを仮想化するシステムインテグレーション「NETFORWARD ネットワーク仮想化サービス」を7月1日に発売した。情報システムを構成する機器などの稼働情報を適切に把握できるほか、ハードウェアや仮想サーバー、ネットワーク、セキュリティの状況を総合的に監視・運用できるので、障害発生時に原因を迅速に特定し、復旧時間を短縮できる。

 システムやインフラの安定稼働を支える高品質なサービスをワンストップで提供することで、システム管理者の負担を軽減しながら、SLA(サービスレベル・アグリーメント)を重視したランニングコストの最適化を図る。さらに、システムやインフラの性能を診断・分析した結果などを投資判断に生かし、機器・設備効率を高めることができる。

 今後、ネットワーク仮想化への監視・運用サービスと複数事業者のデータセンターを組み合わせたマルチデータセンター接続サービス(10月提供予定)を追加し、「仮想化統合監視・運用サービス」とあわせて、仮想化されたシステムやインフラをトータルにサポートするサービスの強化を図る。

 日立システムズは、日立グループのクラウドソリューションである「Harmonious Cloud」の下、「仮想化統合監視・運用サービス」と「NETFORWARD ネットワーク仮想化サービス」を拡販するとともに、制御システムへの対応などで社会インフラ事業への適用も推進する。2015年度末までに累計90億円の販売を目指す。