日立アジア(本社・シンガポール、豊島幸雄社長)は、6月12日、日立システムズ(高橋直也社長)と連携し、水処理機器調達の専門商社、ニイミ(新実宣英社長)のシンガポール子会社、Niimi Singapore Pte.にSAPの中小規模企業向けERP製品「SAP Business One」を納入し、5月末に稼働したと発表した。

 ニイミは、上水・浄水・産業用水、産業排水、海水淡水化、下水・し尿処理などの領域で、水処理機器の選定や調達、パッケージの提供を行っている専門商社。東南アジアでも、日本で長年培った水処理機器の選定ノウハウを駆使して事業を展開するために4月1日にシンガポールに子会社を設立し、事業を開始するにあたってグローバルに対応したERPシステムの早期導入を検討していた。

 日立アジアと日立システムズでは、短期間での導入、低コスト、グローバル対応のERPというニイミのニーズを踏まえ、「SAP Business One」を提案。ニイミが4月に採用を決定することになった。採用の理由は、約2か月という短期間で導入できること、現地の税制や商習慣、商社のビジネスにも対応したERPパッケージであること、日立アジアと日立システムズの連携によってシンガポールと日本の両方でサポートが受けられること――の3点。

 日立アジアは、今後もニイミの東南アジアでの事業展開をサポートしていくとともに、この事例を生かして、日系企業や現地企業向けに「SAP Business One」を拡販する。また、日立システムズは、今後も日立アジアと連携して東南アジア地域での事業を強化する。