NTTソフトウェア(山田伸一社長)は、企業向けクラウド・セキュリティ製品「TrustBind/Secure Gateway」で、セキュリティ監査対応のログ管理機能を強化した新バージョンを8月1日に発売する。

 「TrustBind/Secure Gateway」は、企業が保存するクラウドサービス内のデータを暗号化することで情報漏えいリスクを軽減する製品。新バージョンでは、製品を導入している企業のユーザーがクラウドサービスを利用する際のログを保存し、監査に必要となる詳細な利用履歴情報を記録・保存するログ管理の機能を向上した。

 業務アプリケーションや社内システムがクラウドサービスで提供されるAPIを利用して、サービスにアクセスする場合のデータ暗号化とログ記録に対応。さらに、管理者アプリケーション機能を強化し、ウェブブラウザから管理操作ができる。

 今後、監査対応(ログ管理)だけでなく、クラウドサービスにセキュリティ基盤を提供するプラットフォームとして、さまざまな機能を充実させていく。具体的には、より強固な手段による利用者認証機能や、クラウドに最適化されたアクセス制御機能などを充実させる。

 価格は、1IDあたり月額1000円。別途、システム・インテグレーション費用などが必要となる。