キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、浅田和則社長)は、8月20日、セキュリティソフト「ESET」の法人向けライセンス製品「ESET Endpoint Protection シリーズ」のプログラム「ESET Endpoint Security」「ESET Endpoint アンチウイルス」について、Windows XPでの利用に対するサポートを2017年2月末まで継続すると発表した。

 Windows XPは、14年4月9日(日本時間)にマイクロソフトのサポートが終了する。終了までに、新しいOSへの移行が推奨されているが、企業内PCの移行には時間を要する場合があり、移行完了までの期間もウイルス対策を継続することが重要となる。

 キヤノンITSは、企業のセキュリティ維持の支援策として、「ESET Endpoint Protection シリーズ(ESET Endpoint Protection Advanced/ESET Endpoint Protection Standard)」のクライアントOS向けプログラム「ESET Endpoint Security」「ESET Endpoint アンチウイルス」について、少なくとも17年2月末まで、Windows XPでの利用に対するサポートを継続する。17年3月以降についても、状況に応じてサポート期間の延長を検討する。

 サポートは、最新のウイルスへの対応や検出機能向上のためのウイルス定義データベースのアップデート、電話/ウェブフォームによる問い合わせに対応する。なお、マイクロソフトによるサポート終了後にWindows XPの脆弱性の問題が発見された場合は、ESET製品では対応できない場合がある。