キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS、浅田和則社長)は、法人で利用できるAndroid用総合セキュリティプログラム「ESET Endpoint Security for Android」と、Android端末を管理するクライアント管理用プログラム「ESET Remote Administrator」のモニター版を5月7日に発売する。

 業務端末として利用が増えているAndroid OSに対応したESETの総合セキュリティのモニター版プログラム「ESET Endpoint Security for Android」は、Android OSを標的としたマルウェアからの保護だけではなく、盗難対策、パスワード保護などの機能を備えている。

 クライアント管理用プログラム「ESET Remote Administrator」は、企業内のサーバーに導入することで、Android端末の設定やログ情報の閲覧、オンデマンド検査の実行、ウイルス定義データベースのアップデートなどの操作をシステム管理者からリモートで実行することができる。また、WindowsやMac、Linuxなどとの一括管理が可能となる。

 モニター版プログラムの提供期間は5月7~24日。評価レポート受付期間は5月7~31日。