バラクーダネットワークスジャパン(バラクーダネットワークス、林田直樹社長)は、9月5日、「Barracuda Web Application Firewall(Barracuda WAF)」の取り扱いを、ソフトバンクBBが一次代理店として開始すると発表した。

 「Barracuda WAF」は、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング、クロスサイトリクエストフォージェリ、セッション改ざんなどウェブアプリケーションを狙う攻撃からシステムを保護するソリューション。プロキシとして動作し、HTTP/HTTPSのトラフィックを精査してウェブアプリケーションの脆弱性を突こうとする攻撃を検出する。

 バラクーダネットワークスとソフトバンクBBは、2011年に販売代理店契約を締結し、SMB(中堅・中小企業)を中心にセットアップが容易で導入しやすいセキュリティネットワークストレージ製品の拡販を進めてきた。「Barracuda WAF」は、一般的なWAFソリューションと比べて、セットアップが容易で、SMB(中堅・中小企業)に適合する価格帯に設定。幅広い販売チャネルをもつソフトバンクBBを一次代理店とすることで、SMBマーケットでの売上げ伸長を図る。