バラクーダネットワークスジャパン(バラクーダ、林田直樹社長)は、ウェブアプリケーションファイアウォールの最新バージョン「Barracuda Web Application Firewallバージョン7.8」を発表した。

 「Barracuda Web Application Firewall」は、ネットワークとアプリケーションレイヤを網羅するほか、高度なDDoSプロテクション機能を提供する。地理的地域、IPアドレス、クライアントタイプにもとづいてトラフィックをコントロールすることができ、管理者は悪意のあるリクエストを抑制・防御できる。バージョンアップでは、悪質化したDDoS攻撃からアプリケーションを保護するために、最新の高機能群を追加した。

 まず、バラクーダIPレピュテーションによる高度なボットネット識別機能を搭載。バラクーダIPレピュテーション機能は、感染したコンピュータ、ゾンビ、ボットネットを広範なカテゴリに分類している。この機能を「Barracuda Web Application Firewall」と統合することによって、DDoS攻撃を試みるボットネットを特定して阻止する。

 また、クライアントフィンガープリント機能では、ウェブサイトのレスポンスに対するJavaScriptチャレンジのインジェクションの技術を駆使することで、正規のユーザーからボットネットを区別し、悪意のあるリクエストを防ぐ。さらに、アプリケーションに変更を加えることなく、疑わしいクライアントに対して自動的にCAPTCHAチャレンジを挿入する機能を実装する。このほか、クライアントブラウザコントロールの新機能を搭載。クライアントのブラウザのセキュリティを設定し、クライアントへの攻撃リスクを削減する。

 新バージョンは、エネルギー充填サービスまたは仮想アプライアンスライセンスが現在アクティブのユーザーは、追加費用なしで既存のアプライアンスで利用できる。