日立システムズ(高橋直也社長)は、日立 製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage(フューチャーステージ)」のラインアップのうち、日立システムズが開発した「製造業向け生産・販売管理システム」と「卸売業向け販売管理システム」の機能を強化したモデルを発売した。

 「FutureStage」は、日立製作所と日立ソリューションズ、日立システムズの3社が開発・販売してきた中堅・中小規模企業向けの基幹業務パッケージを統合し、業種・業務別に体系化して4月から販売している製造・流通業向け基幹業務ソリューションのブランド。3社は「FutureStage」のコンソーシアムを立ち上げ、ユーザー企業の業態に適した業務システムを提案できる体制を整備し、各社の業務パッケージの相互販売を推進してきた。

 一方、技術面の連携も進めており、今回、「製造業向け生産・販売管理システム」に、日立ソリューションズ東日本のスケジューラソフト「SynPLA(シンプラ)」との連携機能を追加した。これによって、 製造業では使用設備の割りつけや日程計画を自動で立案することができる。また、「SynPLA」がもつ専用計画ロジックによって、最小の段取りで生産計画を組み立てることができる。

 「卸売業向け販売管理システム」では、輸入仕入れ分納時の明細分割、諸掛かりから輸入仕入れへの連動などの輸出入管理機能を強化したほか、品目のロット間での移動振替時の操作性を改善するなど、在庫関連機能を強化し、卸売業の業務効率向上を図った。

 日立システムズは、機能を強化した「FutureStage」のモデルに対して、今後、日立グループ各社の技術を生かし、製造業・卸売業の業務に適した機能強化を継続して進めていく。また、現在、自動車部品製造、金属加工、一般機械器具製造、食品卸、医薬品卸などのユーザー企業には、スピーディ・低コストで導入・利用できる特定業種に特化した「FutureStage」を販売。今後、対応する業種を増やす予定だ。販売でも専任の営業組織を新設し、全国の支社・支店を通じた拡販や日立グループをはじめとする販売会社を通じた拡販に注力していく。

 価格は、「製造業向け生産・販売管理システム」が31万5000円/CAL、「卸売業向け販売管理システム」が31万5000円/CAL。日立システムズは「FutureStage」の売上げ目標として、日立グループ全体で15年度に300億円を掲げている。