日立システムズ(高橋直也社長)は、ハイブリッドクラウド環境に対応し、遠隔のサーバーをインターネット経由でリモート監視するSaaS型サービス「App Bridge 統合監視サービス」の機能を強化した。

 機能強化では、監視対象にマイクロソフトが4月にサービスを開始した「Windows Azure 仮想マシン」、アマゾンウェブサービスの「Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)」などで利用するLinuxサーバー、Salesforce.comの「Salesforce」などのSaaS型サービス、さらにはイントラネット環境のサーバーやネットワーク機器を追加し、IT環境の統合監視を実現。SaaS型サービスの稼働状況の確認に必要なURL監視、イントラネット環境のサーバー、ネットワーク機器を監視するためのPing監視機能を追加している。

 これによって、オンプレミスで稼働するサーバーだけでなく、ネットワーク機器や複数のパブリッククラウドで稼働するサーバーのリソース使用状況、SaaS型サービスの稼働状況を一元的に監視し、システム管理負荷やコストを削減することができる。SaaS型サービスなのでユーザー企業は資産をもつ必要がなく、監視対象のサーバーに監視エージェントをインストールするだけで、複雑な設定なしで監視をすぐにスタートできる。

 日立システムズは、主力事業として強化中のクラウドサービスの一つとして、日立グループのクラウドソリューションである「Harmonious Cloud」の下、SaaS型「App Bridge 統合監視サービス」を拡販し、2015年度末までに累計300社以上への提供を目指す。