アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、10月11日、Android搭載スマートデバイス向けフィルタリングアプリ「ファミリーブラウザ for docomo」の対応機種と対応OSのバージョンを拡充した。対応OSにはAndroid OS 4.0以上を追加。対応機種は、専用ホームページ(http://www.netstar-inc.com/sp/familybrowser.html)で確認できる。

 ALSIは、子会社のネットスター(輿石大治社長)が開発したAndroid搭載スマートデバイス向けフィルタリングアプリ「ファミリーブラウザ」を、ドコモユーザー向けに8月28日から提供している。これは、子どもたちがWi-Fi接続時でも安心・安全にネットを利用できるアクセス制限機能付きブラウザで、ドコモの「あんしんモード」と連携して、子どもの学齢に合わせたアプリ起動制限ルールとウェブアクセス制限ルールを同時に設定することができる。

 対応機種/対応OSのバージョンを拡充したことで、これまで以上に多くのスマートフォン利用者が活用できるようになると同時に、バージョンアップによって「ドコモ あんしんスキャン」と連携した「危険サイト対策(セーフブラウジング)」の利用もできるようになった。