日商エレクトロニクス(日商エレ、河村八弘社長)は、10月24日、ビジネス・ブレークスルー(BBT、大前研一社長)が提供するオンラインビジネス教育サービスの基盤に、IaaS向けICT基盤構築ソリューション「Nissho-Blocks」が導入されたと発表した。

 「Nissho-Blocks」は、サーバー、ストレージ、ネットワーク、クラウド管理ソフトウエア、ハイパーバイザーを最適な構成に組み合わせて事前検証したリファレンスアーキテクチャをベースとする日商エレ独自のソリューション。BBTでは、サービスの拡大に伴ってシステムが急速に拡張し、従来の方法で、物理サーバーの管理や障害対応が困難になりつつあった。さらに、サーバー構築に時間がかかっていたことから迅速なサービス展開が難しく、新たな基盤の構築を検討していた。サーバー仮想化やパブリッククラウド、プライベートクラウドを検討した結果、パブリッククラウドの使い勝手のよさをもちながら、法人ビジネスで高い信頼を得ている日商エレの「Nissho-Blocks」を採用した。

 採用の理由として、事前検証済みで導入までのリードタイムが短く、初期導入時のトラブルが少ないこと、実績があるハードウェア、ソフトウェアを採用し、要望に合わせて柔軟に構成を変更できること、一次切り分けから対応する日商エレのシステムサポート体制が手厚いこと、費用対効果が高いこと――の4点を挙げている。

 「Nissho-Blocks」を導入したことで、BBTはサーバー構築や管理が容易になり、専任の運用管理者が不要となったので、運用管理コストを削減できた。今後は、BBTのほぼすべてのシステムを「Nissho-Blocks」に移行・統合していく予定。