中国のICT(情報通信技術)大手であるファーウェイ・テクノロジーズ(華為技術)が、日本の法人向けサーバー/ストレージ市場に入り込もうとしている。今年6月、日本法人のファーウェイ・ジャパン(エン・リダ社長)は、ICT構築を手がける日商エレクトロニクス(日商エレ、河村八弘社長)との提携を発表。共同でソリューションを開発し、ウェブサービスやデータセンター(DC)の事業者などを攻める。両社の提携は、日本のインテグレータが中国メーカーのサーバー/ストレージを本格販売する初の事例となる。日商エレは、ヒューレット・パッカードなど米国メーカーも取り扱っているが、カスタマイズしやすいファーウェイ製品を有望な商材と捉え、日本市場に浸透させていく。(ゼンフ ミシャ)