ネットワールド(森田晶一社長)は、米コヨーテポイントのロードバランサ(負荷分散装置)の新製品「Equalizer E970LX」「Equalizer E670LX」「Equalizer E470LX」の3モデルを11月22日に発売した。

 「Equalizer」は、L4-L7のロードバランシング、SSLアクセラレーションのほか、VMwareの運用管理ソフト「VMware vCenter Server」と連携して、仮想サーバーに対してより効率のよい負荷分散を提供し、企業の業務システム、インターネットゲートウェイ、ECサイトなどで、アプリケーション・トラフィックの最適化と高速化を実現する。

 「Equalizer LXシリーズ」は、新しいハードウェアプラットフォーム(メモリ4GB/SSD120GB)を採用し、マルチコアCPUとハイパースレッディング機能によって性能をさらに向上。SSL処理能力も大幅に強化した。また、ファームウェアには最新バージョン(EQ/OS 10)を搭載し、IPv6対応などの新機能を追加。動作の安定性をさらに高めている。

 最大13.0Gbpsのスループットを実現する最上位モデル「Equalizer E970LX」を追加してシリーズの性能構成を底上げし、よりすぐれたコストパフォーマンスを提供する。

 税別価格は、「Equalizer E970LX」が559万5000円、「Equalizer E670LX」が351万7000円、「Equalizer E470LX」が240万円。二重化パックは、「Equalizer E970LX」が1070万円、「Equalizer E670LX」が670万円、「Equalizer E470LX」が455万円。