ネットワールド(森田晶一社長)は、VDI(仮想デスクトップ)とSBC(サーバー・ベース・コンピューティング)のパフォーマンスを測定するベンチマークツールの最新版「Login VSI 4.0」の提供を8月26日に開始した。

 「Login VSI」は、米ログイン・ブイエスアイ社が開発するベンダーに依存しない汎用ツール。製品版の「Login VSI Pro」と無償版の「Login VSI Express」があり、いずれも日本語環境に対応している。最新版は、インストール手順と設定画面を直観的なGUI画面で誰にでもわかりやすくして、作業負荷を大幅に軽減した。

 「Login VSI」の負荷発生サーバー(ランチャ)に必要なリソース割当てを軽減できる「ダイレクト・デスクトップ・ラウンチ(DDL:Direct Desktop Launch)モード」を追加した。従来は、45台のターゲットマシン(測定対象VDIまたはSBC)ごとに1台のランチャが必要だったが、DDLモードを選択することで、1台のランチャでターゲットマシン数百台以上の測定ができるようになり、パフォーマンス測定のために用意する機材などを大幅に削減できる。

 さらに、負荷シナリオへの独自のアプリケーション動作の追加が、ランチャの管理コンソールから汎用言語を使用して簡単にできるようになった。

 税別価格は従来版と変わらず、最少ライセンスの使用期間3か月間、100ユーザーワークロードで38万円。ネットワールドは、今後1年間で50社への販売を見込んでいる。