NECネッツエスアイ(和田雅夫社長)は、通信事業者を問わずスマートフォンやタブレット端末で通信ができるクラウド型ビジネスWi-Fiサービスを、東京・港区の芝パークホテルに納入した。

 NECネッツエスアイのデータセンターに設置したコントローラや認証機器などの設備と、ホテル客室廊下に設置する最小限のアクセスポイントで構成する。芝パークホテルは、導入によって、宿泊客がそれぞれの客室でもモバイルデバイスを用いて自由に通信できる環境を整えた。

 NECネッツエスアイは、この実績を生かして、今後3年間で約200施設への納入と、およそ3億円の売り上げを目指す。(ゼンフ ミシャ)