丸紅アクセスソリューションズ(齊藤秀久社長)とUCOM(大澤智憲社長)は、12月12日、2014年2月1日を効力発生日とする両社の合併について、両社で開催された取締役会の決議にもとづいて合併契約書を締結したと発表した。

 UCOMは、FTTx(Fiber To The Home or Office)と呼ばれるラストワンマイルのブロードバンドアクセス網を保有し、世界で初めて光ファイバーによる個人向けインターネット接続サービスの提供を開始した認定電気通信事業者。自社ネットワークサービスによる光ファイバーインターネット接続サービス「UCOM 光」ブランドを積極的に展開し、法人・個人の顧客向けにブロードバンド環境を提供(約50万契約)している。とくに、集合住宅を対象とした全戸一括型契約の分野では、国内トップクラスのブランドに成長している。

 丸紅アクセスソリューションズは、日本国内に基幹中継回線網である大容量光ファイバーケーブル・ネットワークを保有し、ブロードバンド時代のビジネスを支える最先端のネットワーク・サービスを提供する認定電気通信事業者として、主に法人顧客向けに、専用線、IP-VPN、インターネット接続、モバイルなどのデータ通信サービスを提供している。

 UCOMと丸紅アクセスソリューションズは、相互の特色を生かしたブロードバンドインフラと関連ソリューションを展開する独立系のリーディングプロバイダを目指すことが両社の企業価値向上にとって望ましいとの結論に至り、合併に合意した。

 合併によって、丸紅アクセスソリューションズの基幹中継回線網とUCOMのFTTx網を活用し、今まで実現できていなかった新サービスの開発などを行うことで、これまで取り込めていなかった法人市場を開拓していく。また、両社の法人市場を中心とした顧客基盤や、これまで両社と取引実績のある販売パートナー、不動産デベロッパーなどの販売チャネルを活用し、クロスセルやワンストップサービスの提供など、営業面での強化・拡大を目指す。

 さらに、両社で保有するバックボーンネットワーク、その他通信設備(ノード)などの集約・最適化による関連設備の稼働効率の向上とコスト削減を行うとともに、保守運用体制の一元化による効率化も検討する。このほか、両社技術者の融合による提案力・技術力・ソリューション提供力の向上で、高度化・多様化する顧客ニーズへの対応力を強化していく。

 丸紅アクセスソリューションズとUCOMは、合併による両社の統合の目的を迅速・円滑に推進することを目的に、統合に関する重要事項について協議し、両社間のコンセンサスを形成するための機関として、共同で統合委員会を設置することに合意している。事業展開の詳細については、今後統合委員会で協議していく予定。