理経(黒田哲夫社長)は、デジタルアーツ(道具登志夫社長)と新規販売代理店契約を締結し、ファイル・セキュリティソリューション「FinalCode」「FinalCode for CAD」を発売したと発表した。

 「FinalCode」はメールなどでファイルを外部に送ることを前提に、ファイルを暗号化して開封状況などの利用状況を追跡し、リモートでの削除もできるソリューション。動作検証済みアプリケーションだけで暗号化ファイルを利用できるホワイトリスト方式と、画面キャプチャなど、起動を防止するアプリケーションをブロックするブラックリスト方式を採用しているので、「FinalCode」で暗号化したファイルはどんな環境で利用・閲覧されてもIRM(Information Rights Management)制御を適用することができる。

 デジタルアーツは、インターネットアクセスに伴う危険を未然に防止するウェブフィルタリングや電子メールフィルタリングなどの情報漏えい対策ソリューションの提供など、官庁・企業・家庭向けにフィルタリング技術を核にしたIRM製品を展開している。今後「FinalCode」「FinalCode for CAD」を、製造業を中心に設計データ・CADデータの外部流出による損失を事前に保護・制御できる新しいソリューションとして提案を進める。