ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、4月1日、広告・販売促進戦略の企画・制作などのモードツー(M2、蓮見智威社長)と業務提携契約を締結したと発表した。

 SBTは、ウェブアクセス解析ツールやウェブコンサルティングサービス「SIGNAL」など、分析力を基盤としたウェブマーケティング支援サービスでノウハウをもつ。一方、M2は、広告・販促戦略の策定・制作に強みをもち、自動車、放送、通信各社のウェブサイトの制作、販促支援で数多くの実績を残している。業務提携によって、これら両社のノウハウを融合させることで、ウェブとリアルの媒体をカバーしたマーケティング支援サービスを提供していく。

 今後、SBTとM2は、両社の顧客基盤を生かし、SBTが扱うウェブマーケティング支援をはじめとするITサービスとM2が扱うウェブサイト制作などの販促支援サービスの拡販を加速させるとともに、両社のノウハウを融合した付加価値の高いサービスを提供し、新たな顧客の獲得を目指す。このほかの分野でも、両社のそれぞれの強みを生かした新たなビジネスモデルの構築を目指して協議していく。