ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、企業のビッグデータ活用を推進するビッグデータプラットフォームサービス「4D Pocket」を、10月25日に発売する。

 データを集める・貯める・処理する・出力する・管理する・活用するといった一連のビッグデータ管理・分析ライフサイクルを支援するSaaS型プラットフォームを、フルスタックで提供するサービス。「Google アナリティクス」に代表されるウェブアクセス解析ツールや社内業務システムなど、あらゆるデータを有効活用するための工程をすべてSBTが提供することによって、効率的で安全なビッグデータプラットフォームを迅速に利用することができる。

 価格は、500GBプランが初期費用12万円、月額費用12万円からを予定。サービス化に伴って、90日間無償トライアルサービスの受付けを9月26日に開始した。