富士通システムズ・イースト(石川享社長)は、クラウドサービス「アマゾン ウェブ サービス(AWS)」のパートナープログラムでAWS Partner Network(APN)のコンサルティングパートナーに加入し、クラウド事業を強化する。

 企業経営者のICT(情報通信技術)に対する期待と関心は、従来のコスト削減から、事業の成長の加速や新たな付加価値の創造にシフトしている。新規事業の立ち上げやグローバルでの事業展開、ビッグデータの活用などの際、投資効果が高く、短期間でシステムが構築でき、構成の変更が容易なクラウドサービスの利用が不可欠になっている。

 こうした事業環境の変化のなかで、富士通システムズ・イーストは、APNのコンサルティングパートナーに加入し、富士通グループの製品やサービスとAWSを組み合わせたインテグレーションとサービスを提供。顧客が自社内で運用している基幹業務システムと新たに構築するクラウド上のシステムとの連携や、複数のクラウドサービスを連携させるハイブリッドクラウドの構築など、多様化・高度化する顧客ニーズに柔軟で最適なサービスを提供し、グローバル事業展開、新規事業の創造を強力に支援する。