富士通完全子会社の富士通システムズ・イースト(FEAST、石川享社長)は、中小企業にクラウドを販売する新会社「富士通システムズアプリケーション&サポート」を12月2日に設立する。FEASTは約5200人の従業員を擁するSE会社で、大・中堅規模の企業に向けたシステム開発・クラウドサービスに強いが、既存事業だけでは持続的成長は困難と判断。新しいターゲットとして、年商50億円以下の中小企業に照準を合わせた。当面は国内の営業を中心に据えるが、将来は海外にも打って出る。富士通グループ屈指のSE集団が、激戦区の中小企業向けクラウド市場に挑む。(木村剛士)