東陽テクニカ(五味勝社長)は、4月15日、サーバーやストレージなど、IT機器の性能を検証するサービス「@benchmark」を発売した。システムインテグレータ(SIer)などに売り込む。

 SIerがIT機器を選定してユーザー企業に納入するにあたって、実環境に近い設定で機器のパフォーマンスを検証し、テスト結果を提供するサービス。会員制で提供し、テスト結果はウェブ上で閲覧することができる。月額利用料は5万円。

 IT機器は、実環境で稼働させると、メーカーのカタログスペックより性能が下がることが多いといわれる。そこで東陽テクニカは、「@benchmark」で実際の機器導入に有効な検証を行い、第三者としてSIerのビジネスを支援する。初年度、100会員の利用を見込んでいる。

執行役員 情報通信システム営業部部長の北山正姿氏

 東陽テクニカは、これまで大手・中堅のSIerに測定機器を販売してきた。北山正姿執行役員情報通信システム営業部部長は、「サービス型の『@benchmark』をツールに中小のSIerを開拓して、ターゲットとなる市場を広げ、将来は中小SIerへの機器販売につなげる」としている。(ゼンフ ミシャ)