三菱商事(小林健社長)と印タタ コンサルタンシー サービシズ(TCS、N・チャンドラセカランCEO)は、4月21日、三菱商事グループのITサービス企業、アイ・ティ・フロンティア(ITF)とTCSの日本法人、タタ コンサルタンシー サービシズ ジャパン(TCSJ)、三菱商事とTCSJの合弁会社である日本TCSソリューションセンター(NTSC)の3社を統合し、ITサービスを提供する新会社を設立することに合意したと発表した。

 新会社には、TCSが51%、三菱商事が49%出資。東京に本社を置き、7月1日をめどに営業を開始する。三菱商事とITFの日本市場での知見や顧客対応力を活用し、競争力ある価格でグローバルで展開するTCSのITサービスを提供する。

 また、海外に進出する日系企業に対してITサービスを提供し、海外事業の立ち上げを支援。三菱商事グループの海外拠点や事業投資先へのITサポートも強化する。