ソフトバンク コマース&サービス(溝口泰雄社長)は、6月2日、動画広告作成サービス「PIP-Maker for アドバタイズメント」と「PIP-Maker for マーケティング」の提供を開始した。

 「PIP-Maker for アドバタイズメント」は、動画再生サイトでの動画視聴前に15~30秒間放映されるような動画広告を、Microsoft PowerPointを利用したスライド素材にアバターとテキスト入力した言葉を読み上げる音声合成を組み合わせることで、出演者の手配や機材の調達、撮影・録音の必要がなく、短時間に低コストで作成するサービス。4COLORS(加山緑郎社長)が提供する番組画像作成システム「PIP-Maker」をもとに、ソフトバンク コマース&サービスが共同開発した。

 利用シーンや用途に合わせて、ベースとなる背景を19種類の画像から選択するか、利用者が所有するオリジナル画像を利用できる。日本語、英語、フランス語、スペイン語、中国語、韓国語など16か国語に対応した35種類の音声と、24種類のアバターを組み合わせてスライド説明をすることで、画像と音声による訴求力の高い動画広告を作成することができる。

 「PIP-Maker for マーケティング」は、動画広告などから訪問してきた閲覧者に対して、1本につき10ページまでのプレゼンテーションで、より充実した情報を提供する動画コンテンツを作成するサービス。アバターを通じた音声での説明によって、商品・サービスなどをわかりやすく伝える。また、公開した動画の読了率や途中離脱の傾向など、ウェブ閲覧者の視聴動向情報を収集できるほか、ページ内リンクやアンケート機能によって、製品の感想や顧客ニーズの情報をもとにした診断結果を得ることができる。こうした機能で動画コンテンツの最適化を図り、より高いマーケティング効果につなげる。

 動画ページは、契約期間中何度でも修正・公開することができるので、公開後に得られたフィードバックに応じて内容を変更することで、顧客ニーズに応じた効果的なコンテンツに更新できる。また、「PIP-Maker for マーケティング」では、オプションとして、作成した動画をMPEG/WMV形式でダウンロードできる「ビデオダウンロード」を提供する。

 税別価格は、「PIP-Maker for アドバタイズメント」が月額2万9800円、「PIP-Maker for マーケティング」が月額9800円。