サイボウズ(青野慶久社長)は、6月8日に「kintone」をアップデートして、カスタマイズ開発を効率化する「プラグイン」機能を提供した。

 これまで「kintone」のカスタマイズ開発を行う際には、複数のJavaScriptファイルを一つずつ読み込む必要があった。また、カスタマイズに関する設定を変更する際は、JavaScriptファイルの内容を書き換えなければならなかった。提供を開始した「プラグイン」機能では、複数のファイルをまとめて一つの「プラグイン」としてアプリに適用でき、GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)の設定画面も作成できる。

 アップデートでは、他社提供サービス「Box」「Zendesk」との連携プラグイン2種類を公開。いずれもサイボウズが開発したもので、この2サービスとの接続にはOAuthを利用している。

 今後、サイボウズ以外でもプラグインの開発・提供ができるようにする予定。技術ドキュメントや任意プラグインの読込み機能などを、今秋をめどに提供する準備を進めている。これによって、顧客ニーズに合わせた機能拡張プラグインや、他サービスとの連携プラグインを開発することで、課題解決のためのソリューションを「kintone」上でスピーディに提供できるようになる。

 「kintone」は、今回のアップデートで、プラグイン機能に加え、トークン生成機能など、新たに五つの機能をAPIに搭載。今後も「kintone」を利用して効率よくシステム構築ができるよう、機能の搭載や情報提供を行っていく。