ネットジャパン(蒋冠成代表取締役)は、6月26日、VMware ESX(i)仮想環境に特化したエージェントレスバックアップソフトの新バージョン「vmGuardian 3.0」を発売した。

 「vmGuardian」は、VMware ESX(i)上に仮想アプライアンスとしてインストールし、ウェブブラウザからアクセスして仮想マシンやESX(i)ホストを指定することで、バックアップや復元の作業が簡単に実行できるエージェントレスバックアップソフト。増分バックアップや柔軟なスケジュールバックアップに対応し、専用のストレージはいらない。重複排除圧縮機能によって、サイズが非常に大きくなる仮想ディスクのバックアップでも、実用的な速度で、現実的なサイズに圧縮してバックアップできる。

 新バージョンは、vmGuardianアプライアンスのOS、VMwareのライブラリも含めてすべてを64ビット化。最新のVMwareライブラリを使用することで、32ビットで起きていた数々の問題を改善し、さらに広いメモリ空間を確保することで、仮想環境や仮想マシンへのアクセスが安定した。

 これまでのバージョンでは、バックアップイメージファイルをまとめて一つのファイルに保存する形式だけだったが、新バージョンでは、増分ごとに独立したファイルとして保存する形式も追加した。定期的にバックアップデータをレプリケーション(複製)する場合には、新しく追加した増分ファイルだけがコピー対象になるので、時間を大幅に短縮できる。

 さらに、増分バックアップイメージファイルのコンソリデーション(合成)機能を追加した。これによって、増分ファイルが指定した個数(初期値は30個)になると、自動的に一つの増分ファイルにまとめることができる。コンソリデーション後も、各リカバリポイントはそのまま保持する。このほか、復元時に別の名前の仮想ディスクに復元する機能を追加した。

 税別価格は、CPU1ソケットごとに6万5800円(年間サポートサービス費含む)。ネットジャパンは、今後1年間で3億円の売り上げを見込んでいる。