オービックビジネスコンサルタント(OBC、和田成史社長)は、6月26日、個人事業主と税理士を支えるクラウド会計ソフト「奉行J パーソナル ベータ版」の無償提供を開始した。

 「奉行J パーソナル」は、OBCが35年間培ってきた「奉行シリーズ」のノウハウを結集し、日々の経理入力から申告までを個人事業主・税理士の両面から支える会計・申告ソフト。会計ソフトとして「かんたん」であることを追求し、マウス・キーボード・タッチなど、顧客の状況に合わせた入力方法によって、ウェブでは実現できない直感的な操作を提供する。

 クラウドで実現するデータ管理は、マイクロソフトのクラウド最新テクノロジーを採用。利用者が自宅や外出先などで自由に利用できるだけでなく、タブレット端末・パソコンなどのデバイスを使い分けることができる。また、クラウド上の会計データを通じて、申告代行や税務サポートなど、個人事業主と税理士のコミュニケーションを深め、スムーズな申告を実現する。

 OBCは、まずベータ版を無償提供し、顧客に操作性や品質を評価してもらい、改修を加えた後、正式版をリリースする予定。なお、評価した顧客を対象に、「OBCオリジナルQUOカードプレゼントキャンペーン」を実施する。