米レッドハット(ジム・ホワイトハースト社長兼CEO)は、7月23日、Red HatのOpenStackディストリビューションとして3世代目にあたる「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform 5」の提供を開始したと発表した。

 「Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform」は、先進的なクラウドユーザー、通信事業者、インターネットサービスプロバイダ(ISP)、パブリッククラウドホスティングプロバイダが、クラウド基盤としてOpenStackを利用することを想定して設計。エンタープライズクラスのクラウドプラットフォームとして、「Red Hat Enterprise Linux」をベースに、OpenStackテクノロジと共同エンジニアリング、統合を行っている。IT部門に対して俊敏性の高いプラットフォームを提供することで、可用性、セキュリティ、性能について、エンドユーザーの要求に応える。

 最新版は、OpenStack Icehouseリリースにもとづいて、エンタープライズでのOpenStackテクノロジの採用推進、クラウドプラットフォームとしての信頼性と安定性を高めるため、さまざまな新機能の搭載と強化を行った。

 エンタープライズのクラウド環境に必要な安定性とサポートを3年間に延長。レッドハットのグローバルサポートサービスチームと、数百におよぶ認定ソフトウェア、ハードウェア、サービスパートナーとの共同サポート関係を含む世界最大の商用OpenStackパートナーエコシステムによって、顧客は本番環境で必要なサポートを受けることができる。

 また、VMwareインフラストラクチャをサポート。既存のVMware vSphere、VMware ESXiのリソースをOpenStackコンピュート(Nova)ノード用の仮想化ドライバとして使用し、OpenStackダッシュボード(Horizon)からシームレスなかたちで管理すことができる。さらに、OpenStackネットワーキング(Neutron)用VMware NSXプラグインと、OpenStackブロックストレージ(Cinder)用VMware Virtual Machine Disk(VMDK)プラグインをサポートする。

 このほか、ワークロード配置の改善、米国と英国の新しい暗号セキュリティ要件に対応する仮想マシンのサポート向上、ネットワークスタックの相互運用性向上などの機能強化を行った。さらに、OpenStackデータ処理サービス(Sahara)をテクノロジプレビューとして提供し、OpenStack上のHadoopクラスタの高速プロビジョニングと容易な管理を実現した。