レッドハット(廣川裕司社長)とSAPジャパン(安斎富太郎社長)は、7月7日、インメモリプラットフォームの「SAP HANA」が、「Red Hat Enterprise Linux」上で本番稼働でも利用できるようになったと発表した。

 「SAP HANA」用途に向けて「Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA」を提供し、SAP認定ハードウェアを提供するパートナーがサポートを行う。これによって「SAP HANA」「SAP Adaptive Server Enterprise(SAP ASE)」「SAP IQ software」「SAP SQL Anywhere suite」を含むSAPのデータベース製品群はすべて「Red Hat Enterprise Linux」に対応し、「SAP HANA」のリアルタイムインメモリ技術によるビッグデータ活用で顧客のビジネスを支援する。

 「Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA」は、簡単な導入・インテグレーションで、パートナー各社が提供するSAP認定ハードウェアで利用することができる。これによって、Red HatとSAPの経験と実績あるパートナーは、さまざまな業種のユーザー企業の要求を満たすようデザインした製品群を提供することができる。さらに、「SAP HANA on the AWS Cloud」「Red Hat Enterprise Linux for SAP HANA」、SAPのデータベース製品群は、AWS(アマゾンウェブサービス)で利用できるので、パブリッククラウドによるデータ管理のメリットも顧客に提供する。