企業向けUI(ユーザーインターフェース)ツールを提供する日本ネクサウェブ(スティーブ・キム社長)は、8月18日、永井一美氏が最高執行責任者(COO)に就任したと発表した。

 永井氏は、1976年、システムインテグレータ(SIer)の日本システムウエアに入社。2000年、アクシスソフト(現オープンストリーム)に入り、プロダクト開発マネージャーや執行役員を経て、06年に代表取締役社長に就任した。

 日本ネクサウェブは、永井氏の経験やノウハウを生かし、UIプラットフォーム事業の拡大を図る。(ゼンフ ミシャ)