ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、8月18日、デスクトップ仮想化(VDI)のシンプルな導入・運用を支援する垂直統合型デスクトップパッケージ「vStackシリーズ」の提供を開始すると発表した。

 VDI環境に必要なサーバー・ネットワーク・ストレージ・ソフトウェア・基本設定作業をパッケージ化し、それらに付随するアンチウイルス・VPNリモートアクセス・認証・シンクライアント端末などをオプションとして提供する。ヴイエムウェア(三木泰雄社長)の提供する「VMware Virtual SAN」(VSAN)と、仮想デスクトップ環境を構築する「VMware Horizon View」を活用したスケールアウト型のVDIパッケージ。

 「VSAN」と「VMware Horizon View」の組み合わせを軸に、SBTの豊富なVDI導入実績やノウハウから導き出した最適なシステム構成をパッケージ化して提供する。SBTは、「VSAN」のすぐれた仮想化技術にいち早く着目し、世界に先駆けて活用ノウハウを築き上げてきた。VDIでの「VSAN」の設計・構築からチューニングやセキュリティ、ネットワークに至るまで、SBT自らが検証を重ね、「vStackシリーズ」はその経験から得たベストプラクティスを集約している。

 パッケージメニューは、PoC(検証)向けの「vStack Starter Pack」(50~150ユーザー)と、スタンダード構成の「vStack Rapid Pack」(100~1000ユーザー)を用意する。