ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、企業のウェブサイト、実店舗やリアルイベントなど、あらゆる販売チャネルを統合(オムニチャネル)したマーケティング戦略を支援する新たなサービスを9月から提供する。

 スマートフォンやタブレット端末が搭載するiBeacon機能が生成するオフラインログデータと、Google Analyticsなどのウェブアクセス解析データをビッグデータプラットフォームで集中管理し、モニタリング・会員分析を提供するサービス。iBeaconログデータやアクセスログデータは、データビジュアライズツールによってリアルタイムにモニタリングができる。

 オンラインデータ/リアルデータを結合・分析して、消費者の行動をさまざまな角度から分析することで、各チャネル・各消費者の最適なアプローチを導き出し、企業のオムニチャネル化を加速する。オムニチャネル化によって価値観を具現化する購買を実現し、消費者一人ひとりの顧客体験を最大化することで、売上げを拡大するとともに、企業のロイヤリティ向上にもつなげる。