ソフトバンク・テクノロジー(SBT、阿多親市社長CEO)は、現在、多数の企業が課題として抱えているMicrosoft Windows Server 2003の延長サポート終了に対する一つの解答として、新たに「Microsoft Azureアセスメントサービス」の提供を開始する。

 既存のWindows Server環境から、クラウドプラットフォームのMicrosoft Azure環境への最適な移行検討を支援するサービス。Microsoft Azureの導入経験が豊富なエンジニアが、顧客のシステムや業務に応じて最適な移行プランを提案する。移行適合性評価、移行コスト見える化、リスク評価を行うことで、クラウド化の効果や課題を明確にし、移行を安全・スムーズに進めることができる。

 すでに提供しているMicrosoft Azure関連ソリューションや、運用支援サービスをあわせて利用することで、Microsoft Azure環境へのクラウド化に関するすべての作業をワンストップで行うことができる。