富士通(山本正已社長)は、8月27日、大規模仮想化環境の専用ストレージ「FUJITSU Storage ETERNUS TR series(ETERNUS TR series)」を発売した。

 VMwareに対応した大規模サーバーの仮想統合やデスクトップ仮想化システムに特化した製品。仮想化コンピューティング業界の各種イベントでテクノロジーが認められた米ティントリが開発したストレージ製品で、富士通がOEM製品として販売する。

 「ETERNUS TR series」へのIO処理は、99%以上がSSDで処理できるように設計し、高速で処理。一部の仮想マシンで、突発的に高い負荷が発生した場合でも、ほかの仮想マシンの性能に影響を与えないよう、自動的に性能資源の割りあてを行うことで、安定した高い性能を維持する。

 性能設計などが難しい大規模サーバー仮想化環境でも、煩雑な構成設計や性能チューニングなどは不要。セットアップもネットワークの設定やデータストアの登録など最低3項目の設定を行うだけで済み、10分程度で利用を開始できる。容量や性能が不足した場合は、「ETERNUS TR series」そのものを増設することで、容易に拡張できる。また、専用の運用管理ソフトを使用することで、最大32台の「ETERNUS TR series」を一つのシステムとして統合管理できる。

 バックアップ機能は、仮想マシン単位でオンラインでデータをバックアップするスナップショットを取得。災害対策の機能として、仮想マシン単位での遠隔へのデータ転送に対応する。さらに、データは重複排除と圧縮をして転送するので、データサイズを最大95%削減し、WAN回線の帯域幅を抑えながら遠隔地でのバックアップができる。

 「ETERNUS TR series」は、仮想環境とクラウド環境をスピーディで簡単に導入・運用できる垂直統合型仮想化・クラウド基盤「FUJITSU Integrated System Cloud Ready Blocks」のラインアップに追加する予定。これによって、大規模なサーバー仮想化環境での安定した高い処理性能を実現するとともに、システムのライフサイクル全般にわたる運用管理工数が軽減できる。  税別価格は、初年度のサポート費用を含む最小構成で1621万1000円から。9月26日に提供を開始する。