BCN(佐藤敏明社長)とサイボウズ(青野慶久社長)は、9月19日、東京・秋葉原のUDXカンファレンスで、SIビジネスの新潮流をテーマに「SIer必見! BCN×サイボウズ コラボレーションセミナー2」を開催した。新たなビジネスモデルを成功に導いている企業によるパネルディスカッションをはじめ、PaaSの市場動向解説、サイボウズ「kintone」の最新トピックや事例などを紹介。SIer、ソフトベンダーなど約200名が参加した。

 最初のプログラムは、特別企画のパネルディスカッション「SIビジネスの新潮流とこれから取り組むべきビジネスモデルとは」。従来のSIビジネスモデルの限界が囁かれるなかで、新たなビジネスモデルを成功に導いている企業から、ソニックガーデンの倉貫義人社長CEO、ジョイゾーの四宮靖隆代表取締役、M-SOLUTIONSの植草学取締役の3人のパネリストを迎え、これから取り組むべきSIビジネスモデルのヒントを探った。『週刊BCN』の谷畑良胤編集委員がモデレータを務めた。

 パネルディスカッションでは、各パネリストとそのビジネスの紹介を皮切りに、「新しいビジネスモデルを始めたきっかけ」「新たなモデルに転換するために必要なこと」「次世代のモデル」など、幅広いテーマで活発な意見が交わされた。こうした新しいSIビジネスモデルが可能になったのは、クラウドと高速ネットワークというインフラが整ったことが大きい。

左から、ソニックガーデンの倉貫義人社長CEO、ジョイゾーの四宮靖隆代表取締役、M-SOLUTIONSの植草学取締役

 続くBCN セッションでは、「PaaS市場の最前線を切る! 特集『Force.com vs kintone』の取材裏話とその反響」と題して、『週刊BCN』の畔上文昭ディレクターが講演。「使いやすさが特徴の両製品だが、とくに日本生まれの『kintone』は日本のユーザーの要望にしっかり応えていて、非常に使いやすい」と、取材したSIerの声を紹介した。

 最後のサイボウズセッションでは、「進化するkintoneビジネスと最新事例報告」と題して、サイボウズの伊佐政隆kintoneプロダクトマネージャーが講演した。

 伊佐プロダクトマネージャーは、最初に「kintone」を「チームで仕事をするための仕組みを提供するサービスで、当社がグループウェアで培った17年間のノウハウを盛り込んでいる」と紹介。そして、ゼロからアプリケーションを作成するデモを通じてすぐれた操作性をアピールした。

サイボウズの伊佐政隆kintoneプロダクトマネージャー

 また、今年6月に発表した赤字決算について触れ、「なぜ、創業以来続けてきた黒字経営に終止符を打ち、赤字決算にしたかといえば、クラウド事業拡大のための投資であり、『kintone』は必ず将来大きく伸びていく」と強調した。

 サイボウズでは、「kintone」をさらに多くのユーザーに使ってもらえるよう、信頼性を向上。すでに大手企業での導入も進んでいる。また、エコシステム拡大への取り組みとしてアプリストアの充実を挙げ、「約100種のアプリのうち、半数がサイボウズ以外から提供されている」とアピールした。