エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)は、「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」の第一弾として、スマートデバイス紛失・盗難対策ツールで日本初の無償提供となる「LanScope An Free」を11月末から提供する。

 MOTEXは、企業の情報漏えいの解決・防止に貢献していくことを目的とした啓発プロジェクト「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を10月27日に立ち上げた。監修者として、HASHコンサルティング代表の徳丸浩氏が参加している。プロジェクト活動の第一弾として、スマートフォン・タブレットの資産管理・行動管理・セキュリティ対策を実現するスマートデバイス管理ツール「LanScope An」を、紛失・盗難対策機能に限定して無償提供する。

 「LanScope An Free」は、情報セキュリティ10大脅威の一つとされる「紛失」に対して、無料で対策を講じることができる。iOS、Android、Windowsスマートフォン・タブレットの紛失・盗難対策として「リモートロック(遠隔ロック)」「リモートワイプ(遠隔データ消去)」「パスワードポリシー」の三つの機能を搭載。また、「LanScope An Free」のインストールや操作方法に関する問い合わせに、無償で電話やメール対応するサポート体制を構築している。

 MOTEXは、今後も「NO MORE 情報漏えいプロジェクト」を通じて、企業の情報漏えいの解決・防止に役立つ活動を展開していく。