エムオーテックス(MOTEX、河之口達也社長)は、7月17日、IT資産管理・セキュリティ対策ツールの「LanScope Cat Ver.8.0」が、Amazon Web Services(AWS)が提供するクラウドベースのデスクトップ、Amazon WorkSpacesに対応すると発表した。

 Amazon WorkSpacesへの対応によって、既存のクライアント環境と同様にAmazon WorkSpacesの環境も「LanScope Cat」で管理し、新たなワークスタイルでの業務の可視化と情報セキュリティ対策を実現する。

 今後、MOTEXは、Amazon WorkSpacesをはじめ、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)などのAWSを採用し、「LanScope Cat」の管理対象クライアント環境の拡大と、ライセンスをユーザー企業が用意するBYOL(Bring Your Own License )でのAWS利用を促進することで、15年度で1000社/100万クライアントの新規販売を目指す。また、「LanScope Cat」をAWS上に構築・移行するためのトレーニングとマーケティング活動を、アマゾンデータサービスジャパンと連携して実施していく。