アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、11月27日、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」が、NTTソフトウェア(山田伸一社長)が提供する「Crossway/データブリッジ」と連携すると発表した。

 ALSIは、企業や官公庁、学校などに向けて、情報漏えい対策シリーズ「InterSafe ILP」を提供している。「InterSafe ILP」は、クライアントPCからのファイル書き出しルートを遮断する「デバイス制御ソフト InterSafe DeviceControl」や、市販のUSBメモリを暗号化USBメモリに変換する「セキュリティUSBメモリ作成ソフト InterSafe SecureDevice」、データの書き出しを管理する「申請・承認ソフト InterSafe WorkFlow」などによって、多層防御による情報漏えい対策をオールインワンで実現する。

 「Crossway/データブリッジ」は、異なるネットワーク環境上のPCを専用ハードウェアを介して接続し、PCからPCへのデータ流通を制御する製品。「Crossway/データブリッジ」を利用することによって、セキュリティポリシーの異なるネットワーク間のデータ流通を安全・簡単に実現する。「InterSafe ILP」との連携によって、送信側PCからのデータ送信管理を強化し、さらに安全なデータ流通を実現する。