アルプスシステムインテグレーション(ALSI、麻地徳男社長)は、夏休み中に子どもたちがインターネットによるトラブルに巻き込まれないよう、パソコン用の閲覧制限(フィルタリング)ソフト「InterSafe Personal」を、7月16日から9月30日まで、希望者全員に無償で提供する。

 子どもにとって不適切な情報や画像のアクセスを制限することができるほか、詐欺サイトやウイルス感染など、セキュリティ上の脅威から子どもたちを守る。さらに、誹謗中傷など、不適切なインターネットへの書込みを制限することもできる。無償利用の申込み受付は9月1日午前10時まで。

 ALSIは、パソコン用のフィルタリングのほか、NTTドコモの「ファミリーブラウザ for docomo」、KDDI(au)の「安心アクセス for iOS/Android」にフィルタリングサービスを提供。スマートフォンやタブレット端末で無償利用することができる。また、ルータ型のフィルタリングサービスとして、悪質サイトブロック「ファミリースマイル」や、NTT西日本の「セキュリティ機能 まるごとWebフィルター」によって、家庭内のインターネット機器、ゲーム機の閲覧制限(フィルタリング)も無償で利用することができる。

 「ファミリースマイル」と「セキュリティ機能 まるごとWebフィルター」の無償利用期間は、アイ・オー・データ機器製ルータが1年間または2か月間無料、NECプラットフォームズ製ルータが60日間、NTT西日本製ホームゲートウェイが1か月。