ニュース

オプティム、中国家電大手のハイセンスと高齢者向けスマートフォンを共同開発

2014/12/12 18:54

 オプティム(菅谷俊二社長)は、12月12日、中国家電大手の青島海信通信(ハイセンス)と共同で高齢者向けAndroidスマートフォン「Hisense E360M」を開発し、中国国内で販売を開始したと発表した。

 「Hisense E360M」は、高齢者向けにユーザーサポート機能「心連心」を搭載したスマートフォン。オプティムが開発したスマートフォン同士の画面共有サービス「Optia」を採用した。

 ユーザーが端末の前面に搭載したハート型のボタンをタップすると、即座に「心連心」が起動し、あらかじめ設定しておいた家族や友人のスマートフォンに接続。遠隔地からでも、画面を共有しながら、音声通話(VoIP)を通じて操作方法などを教えてもらうことができる。「指さし」アイコンや赤ペンといった画面上で指示を送る機能も備える。

 サポート側は、「Hisense App Market」で専用アプリをダウンロードして、自身のAndroidスマートフォンにインストールするだけで、ユーザー端末を支援することができる。

「心連心」を利用したサポートイメージ
  • 1

関連記事

富士ゼロックス(中国)、モノクロA3複合機3機種を発売、市場シェア1位へ猛進

SBPS大連、中国でクラウド型採用支援サービスを提供、現地の大手人事サービス企業と協業

NEC(中国)、中国の個人向け健康機器市場に参入、糖質計と血圧計を2015年中頃に発売

ANWILL、「用友」と連携するデータ分析・帳票作成ソフトを開発、初年度100社への販売を目指す

上海OBC、上海財経大学と共同展開の現地企業向け会計クラウド、ユーザー数が5万社を超える

外部リンク

オプティム=http://www.optim.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>