セゾン情報システムズ(宮野隆社長)は、純国産ファイル転送ツール「HULFT(ハルフト)」のASEANでの拡販を目的としたグローバル拠点として、シンガポールに100%出資の現地法人HULFT Pte.Ltd.を2月に設立する。

 HULFT Pte.Ltd.の資本金は100万シンガポールドルで、代表取締役社長は、セゾン情報システムズの内田和弘・取締役HULFT事業部長が兼務する。主な事業は、ASEANでの「HULFT」のマーケティングや現地パートナー企業の販売支援・トレーニング。4月に活動は開始する。

 調査会社の米IDCによると、2013年のグローバルMFT(マネージド・ファイル転送)ソフトウェア市場で、「HULFT」はシェア4位。セゾン情報システムズは、海外市場での「HULFT」の販売を加速し、1位を目指す。