NEC(遠藤信博社長)は、1月27日、タイの自動車部品・工作機械メーカーであるCLP Engineering(Manop Leegomonchai・President & CEO)に、PLM(製品ライフサイクル管理)クラウドサービス「Obbligato for SaaS(オブリガート フォー サース)」を提供したと発表した。

 「Obbligato for SaaS」は、グローバルで約750社の導入実績をもつPLMソフトウェア「Obbligatoシリーズ」で培ったノウハウをもとに、BOM(製品構成)管理・ドキュメント管理・設計変更情報管理などの業務機能を標準定義して実装したクラウドサービス。2013年12月から、タイのデータセンター(DC)を活用してサービスを提供している。

 CLP Engineeringは、自動車部品の製造に加えて、自社製品として農業用工作機械や小型船舶用エンジンなどの製造・販売を行っている。しかし、取り扱っているおよそ1000種類の部品の情報管理を紙で行っていたため、管理・メンテナンス工数が増大し、業務プロセスも複雑化していた。

 そこでNECは、CLP Engineeringに「Obbligato for SaaS」を提供するとともに、初期導入作業の支援や業務プロセス標準化に関するコンサルティングを実施。その結果、部品表や設計図面、仕様書、見積書などのドキュメントを一元管理できるようになり、業務の効率化・高度化・標準化を実現した。また、CLP Engineeringが、従来使用しているERPシステムでも、「Obbligato for SaaS」で管理している各種データを利用できるようにした。

 NECは、この導入事例を生かして、タイに進出する日系製造業や現地の製造業向けに「Obbligato for SaaS」を拡販し、2018年度(19年3月期)までに100社への納入を目指す。